Image_Angel_Isofrabon

イソフラボンを使った化粧水とその効果

イソフラボンとは、大豆から抽出されるポリフェノールの一種です。
女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをする事で注目されています。
その成分の効果が期待されてサプリメントなどの健康食品として一般に広まりましたが、最近では関連した栄養食品や化粧品も多く販売されています。
果たしてその含まれている成分にはどのような効果があるのでしょうか。
女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きという事ですが、エストロゲンは女性らしい体つきを作ったり、生理をコントロールするだけではなく、コレステロールを体内で調整したり、骨密度の維持にも大きく関係しています。
血液中の悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールはその増加が動脈硬化を招くのですが、そのLDLコレステロールを減少させた上に、LDLコレステロールを減らす事で善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールを増やす効果があります。
また破骨細胞の活動を抑えてカルシウムが過剰に溶け出すのを防ぎ、骨粗しょう症になるのを防ぐ効果があるのです。
女性が閉経後に骨粗しょう症になりやすいのはエストロゲンの分泌が減少するからだと言われています。
そのエストロゲンと同じような働きをするのです。
また、 イソフラボンの摂取方法については、こちらのサイトが詳しいです。


更年期にさしかかった女性はエストロゲンが不足しがちですが、イソフラボンで補う事によって更年期障害と言われる様々な不快な症状を緩和できます。
若い女性の場合は生理不順に悩まされる事もありますが、そのような症状の改善という効果があります。
さらにポリフェノールの一種という事ですからその強い抗酸化作用によって老化防止に高い効果を発揮します。
このあたりの効果が注目された結果としてイソフラボン配合の化粧水が誕生しているというわけです。
肌から摂取した場合にどのような効果があるかと言うと、まずその保湿効果が非常に高いことから、肌にハリやツヤが出てくるようになります。
これもエストロゲンにコラーゲンを生成し、肌を美しくする作用があるためです。
さらに毛を薄くする効果もあります。
ムダ毛の処理に時間をかけている女性には嬉しい効果でしょう。
毛を濃くするのは男性ホルモンが原因と言われていますが、エストロゲンを肌に浸透させる事で毛が薄くなるのです。
今までの化粧水に満足できなかった人にとっては希望の膨らむ効能ですが、イソフラボン配合を謳った化粧水はいろいろな商品が販売されていて、その値段も様々ですから、実際にいくつか試してみて合うと思ったものを使い続けるのが良いでしょう。  

Copyright(c) 2013 Power of Beauty All Rights Reserved.