Image_Angel_Isofrabon

イソフラボンにはエストロゲン(女性ホルモン)効果があります

イソフラボンは、http://www.coolbeansstore.com/save.htmlにも書いてあるように、マメ科植物に多く含まれ、別名植物性エストロゲン(女性ホルモン)とも言われています。
この植物成分の機能として特徴的な点は、エストロゲンと同じような働きを示すことにあると言えます。
女性ホルモンは、卵胞や胎盤から分泌される生殖ホルモンであり、女性の二次性徴の発現や生殖機能維持、排卵促進、子宮内膜の形成など、女性に特有な性質の発現に関わるほか、骨、皮膚、脳機能、自律神経、感情の安定維持に至るまで様々な生理機能の維持に関わっています。
イソフラボンは、エストロゲン受容体に対して女性ホルモンと同様に作用し、女性ホルモンと同等とはいかないまでも同じような生理機能を示すことから植物性エストロゲンという名称があるのです。
一方、女性ホルモンは、過剰に分泌されると様々な障害をもたらします。
生理痛や生理不順、子宮内膜症の要因となったり、乳癌や子宮癌との関係も指摘されています。
イソフラボンは、このような女性ホルモン過剰の状態となった場合には、抗女性ホルモンとして作用し、内因性女性ホルモンの機能を抑制する効果があります。
従って、この植物性女性ホルモンには、内因性女性ホルモンの働きを補助したり、過剰分泌の場合には、活性を抑制する働きがあることが特徴的と言えます。
また、女性の敵とも言われる産毛を薄くする効果もあります。http://www.haringspridecatfish.com/hige_usukusuru.htmlをご覧ください。


女性の閉経、更年期においては、女性ホルモンの産生・分泌において衰えが顕著となり、血行障害や骨からのカルシウムの流出、肌トラブルなど様々な健康障害が顕在化します。
特に骨粗鬆症などの原因になりやすいことが問題となっています。
このようなとき、大豆などマメ科植物から植物性女性ホルモンを摂取することにより、内因性女性ホルモンの働きを代替させることができ、美容効果やアンチエイジング効果を期待することができます。
また、生殖器官が活性を呈する段階において、女性ホルモン過剰となった場合には、植物性女性ホルモンが内因性女性ホルモン受容体と結合して内因性女性ホルモンの作用を抑制する効果もあるのです。
この植物性女性ホルモンの有する両面的効果は、内因性女性ホルモンの働きに対して、植物性女性ホルモンの働きがやや劣ることによってもたらされるものであります。
また、男性においても女性ホルモンの産生・分泌が起こりますが、この量は、更年期女性と同じ程度です。
植物性女性ホルモンの男性に対する効果としては、テストステロンの過剰分泌による前立腺肥大や前立腺癌の発症に対して抑止的に作用することにあります。
このように、イソフラボンには、人体内における生殖ホルモン機能のバランス調整効果があることが、最大の特徴と言えます。
こちらhttp://www.anquantao.info/のサイトにも、大変興味深い解説があります。是非ご覧ください。
 

Copyright(c) 2013 Power of Beauty All Rights Reserved.