Image_Angel_Isofrabon

乳がんや前立腺がんなどに効果があるイソフラボン

イソフラボンは乳がんや前立腺がん、子宮がんなどに効果があるとされています。
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするとされていて、エストロゲンの減少や過剰の調整を行い、がんや骨粗鬆症などのエストロゲンの増減に関わる病気や症状の緩和や予防に効果があります。
大豆の胚芽や葛の根などに含まれる成分で、フラボノイドの一つです。
ダイゼインなど15種類ほど確認されています。
日本人は古くから味噌や醤油、豆腐や納豆など大豆を食生活の中に積極的に取り入れて来ました。
前立腺がんや乳がんなどの予防に効果があるとされるイソフラボンを大豆から多く摂ってきたお陰で日本人の発症率も低く、長寿の秘密なのではないかという研究もあります。
女性ホルモンの減少を補ったり、過剰に分泌することを抑えたりする働きがあります。
女性ホルモンの過剰が引き金となる乳がんの予防に役立つとされており、乳がんと同じように前立腺がんや子宮が人も効果があるとされています。
適切に大豆製品を食べたり、サプリメントなどで補ってやることで、女性に多いがんを予防する効果が期待出来ます。
抗酸化作用もあるので、大腸がんなどの予防にも効果的ではないかと期待されています。
また、こちらのサイトも是非ご覧になってみてください。イソフラボンは女性の味方


イソフラボンは女性ホルモンが過剰に分泌することを抑えることで、乳がんや前立腺がんの予防に役立ちます。
女性ホルモンは過剰に分泌することもよくありませんが、不足してしまうことも問題です。
女性ホルモンが不足してしまうと、更年期障害や骨粗しょう症などの症状が出てしまいます。
更年期障害になるとのぼせや冷え性が出てしまったり、気分が憂鬱になってしまったり、倦怠感や不眠、その他にも様々な症状が出てきます。
更年期障害は女性ホルモンの不足で起こりますが、女性ホルモンの不足をイソフラボンが補うことで更年期障害を軽減してくれる働きがあります。
同様に骨粗しょう症も女性ホルモンの不足から起こる症状です。
閉経後、女性ホルモンのエストロゲンが不足してくると骨粗しょう症になる女性が増えてきます。
これは女性ホルモンのエストロゲンが骨から溶け出すカルシウムの量を抑える働きがあるのですが、エストロゲンの減少でその働きが弱待ってしまうことで、骨の中のカルシウムが減少して起こる症状です。
エストロゲンと同じような働きをすることで、骨から溶け出すカルシウムの量を抑え、骨粗しょう症になることを予防してくれます。
イソフラボンの効果効能と副作用はいろいろなものがありますが、がんや更年期障害などに効果的な成分を多く含む大豆製品やサプリメントを摂ることをおすすめします。
また、こちらのサイトhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.name/にも、更年期障害について詳しく解説されていました。
 

Copyright(c) 2013 Power of Beauty All Rights Reserved.